働くお母さんが毎日をご機嫌に過ごす方法

ワーママが毎日を楽しくするためのライフハック

【AR】Google検索の3D動物でバーチャル動物園を楽しもう!

新型コロナウイルスの影響で自粛ばかり、どこにも子供を連れていけない…

 

こんなにお天気の良い日は、動物園にでもいきたいのに~!!

 

それなら、スマホで自宅を動物園にしてみてはどうだろう?ちょっとは気分転換になるかもよ。

 

Googleの検索で3D動物を呼び出せることはご存じでしたか?今回は、雨の日や自宅でも気軽に楽しめる3Dの動物について紹介します!

 

 

Google検索で呼び出す3Dの動物とは?

f:id:siromamablog:20200506222811p:plain

ARの動物は2019年6月から導入されたGoogleの新機能で、 動物をGoogleで検索すると、スマホのカメラを通して立体的に見ることができるというもの。

 

同年9月に日本語に対応してから、SNSで話題になりました。

 

ARと言えばポケモンGOで、実際にポケモンを私たちが住む世界に呼び出しているような不思議な感覚を味わうことができたよね!

 

現在は動物だけのようですが、今後動物以外にも対応していく予定だそうです。

 

ちなみに姿だけでなく、泣き声や動物のしぐさも楽しめるので、よりリアルな動物を楽しむことができます。

 

Google検索で3Dの動物を呼び出すことができる条件

Google検索で3Dの動物を呼び出すにはAR対応のデバイスで検索することが条件です。

 

お使いのデバイスが対応しているかわからない場合は、▼こちらに対応デバイス一覧が記載されているので、対応しているかどうかチェックしてみましょう!

 

developers.google.com

 

Google検索で3D動物を呼び出す方法

f:id:siromamablog:20200506221641j:plain

それでは早速、Google検索を使って好きな動物を呼び出してみましょう。 

 

使い方は簡単!スマホのクロームアプリで好きな動物を検索するだけ。

Google検索で3Dの動物を呼び出すのは簡単です。

Google chromeアプリで好きな動物を検索してみましょう。

 

ひとまず、『猫』で検索してみます。 

 

f:id:siromamablog:20200506212444p:image

 

検索結果の上部に『実物大の猫が迫ってきます』とあります。

これが3D動物なので、『3Dで表示』をタップしましょう。

 

f:id:siromamablog:20200506213354p:image

 

タップすると、カメラの先に猫が現れます。

『AR』だとカメラの先に、『オブジェクト』を選ぶとカメラではなくグレーの背景に3Dの動物が現れます。

 

f:id:siromamablog:20200506212841p:image

 

かわいい!

 

f:id:siromamablog:20200506212846p:image

 

ホオジロザメもこの通り。大きすぎて映りきりません。 

二本指で拡大縮小することができます。

 

f:id:siromamablog:20200506212855p:image

 

迫力。結構怖い。

動きもリアルです。

 

f:id:siromamablog:20200506212902j:image

 

こちら『カメ』。普通にどう見てもウミガメですが、カメでも検索できます。

 

f:id:siromamablog:20200506212906p:image

 

トラも!子供も大喜びです。

 

f:id:siromamablog:20200506212924p:image

 

こちらは検索結果ですが、検索窓のすぐ下に『トラとワニに関連するもの』とあり、動物の写真が並んでいます。

おそらくここにある動物は全て3D対応なので、検索する動物が思い浮かばなければここから選んでみても良いかも。

 

スクリーンショットで動物と一緒に写真を撮れるので、好きな動物と撮影会をしても楽しいね。

 

Google検索で呼び出せる3D動物の種類

Google検索で呼び出せる3D動物の種類は下記の通りです。

動物 トラ、ライオン、オオカミ、アライグマ、ハリネズミ、ネコ、クマ、シカ、シェトランドポニー、ヤギ、ボールニシキヘビ、パグ、ゴールデンレトリーバー、ポメラニアン、フレンチブルドッグ、ウマ、パンダ、チーター、ヒョウ、ロットワイラー
水辺の動物 コウテイペンギン(ペンギン)、イヌワシ、コンゴウインコ
鳥類 マガモ、ホオジロザメ、ウミガメ、タコ、Angler Fish、アメリカアリゲーター

 参考:「Google検索で動物のAR」登場するのは全部で29、その種類をよく見たら - ケータイ Watch

 

全部で29種類、ちょっとラインナップに偏りがある気がしますが、ゾウやキリンなどの大きな動物はいませんね。(ホオジロザメとクマは除く)

 

今後動物たちも更に追加されていくのでしょうか。楽しみです。

 

恐竜とかも見られるようになったら面白いな~!!

 

雨の日もOK!Google検索の3D動物でバーチャル動物園を楽しもう

f:id:siromamablog:20200506222231j:plain

 いかがでしたか。

 

スマホを使って気軽に好きな動物を呼び出すことができるこの機能、ぜひお家時間のお供に試してみてはいかがでしょうか。

 

動物好きのお子さんなら大喜び間違い無しです。(うちの1歳7ヶ月の息子も、この3Dの猫が大好きで、しょっちゅう猫を見せろとせがまれます。)

 

▼Google関連の記事

www.shirotanblog.net